シロアリ防除とは

防除とは、実際に被害があった場合にシロアリを駆除して予防する施工を指します。

●シロアリの侵入が確認された場合
●家屋へ侵入していなくても、土壌面に生息が確認される場合

シロアリが侵入すると、家屋の床組、時には天井まで被害を拡大します。

シロアリの侵入が確認され、防除を行うと予防処理よりも沢山の薬品が必要になり費用が高額になります。更に、シロアリに被害を受けた家屋の修理費用までかかることになります。ですから、シロアリの防除は絶対に行うべきですが、侵入される前に予防をする事が大事なのです。

下図の写真の例は築10年経った物件で、床下の框裏だけを見ると食害にあっていないのですが、よく見るとシロアリの侵入を確認しました。実際玄関口から入った時の框上部のみが食害に遭って空洞化しており、赤い丸で囲んだ部分を踏むとペコペコと凹んだため被害が発覚しました。ちなみに被害範囲は框上部全体に及んでいました。
このように、見えづらいところにも食害が及ぶケースがありますので、早めの予防・点検は大事なのです。
上がり框の上部だけが食害にあった例
上がり框の上部だけが食害にあった例
上がり框の裏側には被害がなかった
上がり框の裏側には被害がなかった
防除施工①
防除施工①
防除施工②
防除施工②

シロアリ予防の必要性

被害にあってからでは遅い

上記の防除施工したケースを踏まえ、被害にあってからの施工だと家屋の修理費用までかかってしまいます。あらかじめ早めに予防対策を行うことが大切です。

●以前の防除から5年以上が経過している場合。
 (前回施工した業者から連絡が来た時)
●新築時より5年以上が経過している場合。
●以前の予防より5年未満であっても、床下に特に湿気が多い場合。
●家屋の増改築を行った場合。
白アリ予防の必要性
白アリ予防施工例(築5年)

サイクル施工

サイクル施工とは…
前回、防蟻工事をなされ、5年間保証終了時に引き続き行う施工です。

●メリット
100%予防工事で施工することが出来、余分な経費は一切かからず住宅も家計にも安心です。
scroll_to_top
inquiry